AQUSHについて よくあるご質問 お問い合わせ | ログイン  ローン(借入)のサイト
AQUSH

AQUSH ecoエネルギーファンド

過去の実績

#1 鳥取伯耆メガソーラー発電所

パートナー 環境発電株式会社
貸付先: 環境発電株式会社
募集金額 2,200万円
融資金額 700万円
概要 環境発電株式会社がジョイントベンチャーにより立ち上げた特別目的会社(SPC)が事業者となり、3,398kwの発電所建設を行います。建設予定期間は18ヵ月。総プロジェクト費用は約9億円を予定しており、AQUSHからはこの建設資金の一部をご融資致します。
建設予定地 鳥取県西伯郡伯耆町
建設業者 中国地方、特に岡山県で最大の電気工事会社
借入期間 18ヵ月を予定。早期償還・延長オプション有(3年以内)
返済方法 元本一括返済。毎月利払い。
返済原資 発電所建設完工後、他社金融機関からのリファイナンスを返済原資とする予定。
リスクと保全 環境発電株式会社の保有するSPCの株式の一部を担保として取得し、建設期間中に環境発電株式会社に万が一のことがあった場合には、SPCの株式を取得し、適切な事業者へ事業を売却致します。
事業実績および計画 以下の地図で、環境発電株式会社の実績地および今後取り組み予定地がご確認いただけます。(クリックすると地名が表示されます)

仕組み

ファンド詳細

出資対象
匿名組合出資持ち分
匿名組合
AQUSH ecoエネルギーファンド
営業者
株式会社エクスチェンジコーポレーション(以下、ExCo社)
出資金の投資対象
自然エネルギー事業の事業者に対する貸付
出資金額
5万円〜2,000万円
運用期間
36ヶ月(原則)ただし早期償還あり。
投資金利
年率5.0% (税引前、営業者報酬控除前)
ただしプロジェクトによって変更することがございます。
営業者報酬
その月の前月約定返済日の貸付金残高の0.125%に相当する金額を毎月いただきます。但し、初回については貸付契約金額の0.125%に相当する金額をその月にいただきます。
リスク
  1. 借り手の信用力リスクについて
    お客様は、ExCo社が自然エネルギー事業を営む事業者に対して金銭を貸し付ける事業に対して出資をすることになり、借入事業者からの貸付金の返済及び利息の支払いがお客様への出資金の返還及び利益分配に充てられることとなります。 従って、借入事業者からの返済が滞ったり、借入事業者の信用状況が悪化する等により、お客様の出資した元本額が欠損する損失が発生する場合があります。
  2. 営業者の信用リスクについて
    お客様の出資は、出資された段階でExCo社の財産となります。従って、ExCo社の信用状況が悪化した場合には、お客様に対して出資金全額を返還することができないことにもなり、結果として、お客様の出資した元本額が欠損する損失が発生する場合があります。
  3. その他のリスクについて
    ・お客様からお預かりした金員は、ExCo社 > 出資者等 > 事業者という経緯で貸付がなされることとなりますので、ExCo社の債権保全の可能性は、事業者の資産状況に影響を受けることとなります。
    ・出資者等の ExCo社に対する主な返済原資は、事業者から出資者等に対してなされる借入金の返済金であるところ、ExCo社が融資を行う時点では、事業者によるエコエネルギー事業は準備段階であり、ExCo社の出資者等に対する貸付金の返済期限終了後に事業が開始される予定となっているため、事業者の出資者等に対する返済原資は、今後、予定されている金融機関の事業者に対するリファイナンスによって調達される予定です。よって、リファイナンスが実行されない場合には、事業者から出資者への返済が滞るなどして、ExCo社の債権保全が図られない可能性がございます。
    ・ExCo社が事業者への貸付を行うに当たっては、出資者等が有する事業者の株式等、出資者等が事業者に対して有する貸付金等に担保を設定致しますが、当該担保権は、上記リファイナンスやエコエネルギー事業の如何によっては、担保価値が減少し、債権保全が図られない可能性がございます。
注意事項
投資家の中途解約はできません。

AQUSHでは、お客様の個人情報を守るため、常に高いセキュリティレベルを維持・向上させるための対策を行っております。セキュリティ対策では、暗号化技術における事実上の世界標準である128bitSSLやフィッシング詐欺への対策としてEV SSLサーバー証明書を導入しています。

  • 日本貸金業協会
  • プライバシーマーク