AQUSHについて よくあるご質問 お問い合わせ | ログイン  ローン(借入)のサイト
AQUSH

AQUSHグローバルファンド

仕組み

Point01 グループ会社とヘッジエージェントを通じLendingClubのローンに投資

AQUSHグローバルファンドは、グループ会社のExCoHK社に貸付けを行います。ExCoHKはこの資金をヘッジエージェントを通じてLendingClubに投資することで、日本円での取引が可能となっています。

Point02 運用期間にわたって為替リスクをヘッジ

非常にボラティリティの高い為替マーケット。AQUSHグローバルファンドでは、パートナーである為替ヘッジエージェントを通じて、投資運用期間にわたって日本円と米国ドルの為替ヘッジを致します。よって、Point1で述べた、ExCoHKがヘッジエージェントから受領する資金や、運営会社ExCoJapanがExCoHKから受領する資金は、すべて日本円取引になります。投資家の皆様は日本円でお取引いただけます。

Point03 効果的な分散投資の仕組み

AQUSHグローバルファンドでは、AQUSH投資家の皆様が直接LendingClubのグレードを選び投資するというスタイルではなく、LendingClubのローンの中でもヘッジエージェントを介して高利回りなローンを選択する一方、全米各地の地域属性を分析し、分散投資していきます。これは、ExCoグループとLendingClubとの協業により実現した仕組みです。

ファンド詳細

出資対象
匿名組合出資持ち分
匿名組合
AQUSHグローバルファンド
営業者
株式会社エクスチェンジコーポレーション(以下、ExCo社)
出資金の投資対象
ExCo社の親会社であるEXCHANGE CORPORATION LIMITED(以下、ExCo HK社)に対する貸付「AQUSH Global Loan(元金均等返済)」
出資金額
5万円〜2,000万円(追加出資は1,000円から可能)
運用期間
36ヶ月(原則)
投資金利
年率6.5%(税引前、営業者報酬控除前)
営業者報酬
その月の前月約定返済日の貸付金残高の0.125%に相当する金額を毎月いただきます。但し、初回については貸付契約金額の0.125%に相当する金額をその月にいただきます。
キャッシュフロー
ExCo HK社の受領する債券、株式等の配当金額がExCo社へ返済する元利金を上回った場合に、ExCo HK社は、超過額の50%(予定)の金銭を、ExCo社に対する借入残元本に対して上限1.2%に満つるまで積み立てることとし、当該金銭はExCo社への返済元利金が不足した場合に使用されます。
リスク
1.営業者の信用リスクについて
お客様の出資は、出資された段階でExCo社の財産となります。従って、ExCo社の信用状況が悪化した場合には、お客様に対して出資金全額を返還することができないことにもなり、結果として、お客様の出資した元本額が欠損する損失が発生する場合があります。

2. 取引先等の信用リスク等について
・アメリカLendingClubの貸し付けるローンの回収率が著しく悪化した場合には、ExCo社の貸付先であるExCoHK社への債権の保全がなされない可能性が生じ、結果として、お客様の出資した元本額が欠損する損失が発生する場合があります。
・貸付先であるExCo HK社、ヘッジエージェントおよびアメリカLendingClubの信用状況が悪化した場合には、お客様に対して出資金全額を返還することができないことにもなり、結果として、お客様の出資した元本額が欠損する損失が発生する場合があります。
3.投資回収期間延長のリスク
・ヘッジエージェントおよびアメリカLendingClubにおいて予期せぬ事態により送金スケジュール等の変更が生じた場合、ExCo社の受領する金銭が返済予定日と乖離する可能性があり、結果としてお客様への元本回収の期間が延長される可能性があります。
注意事項
投資家の中途解約はできません。

皆様の大切な資産ですので、お取引においては、上記概要や、締結前交付書面をよくお読みいただき、慎重にご判断されますようお願い申し上げます。

AQUSHに関するご質問は「よくあるご質問」をご覧ください。

AQUSHでは、お客様の個人情報を守るため、常に高いセキュリティレベルを維持・向上させるための対策を行っております。セキュリティ対策では、暗号化技術における事実上の世界標準である128bitSSLやフィッシング詐欺への対策としてEV SSLサーバー証明書を導入しています。

  • 日本貸金業協会
  • プライバシーマーク