AQUSHについて よくあるご質問 お問い合わせ | ログイン  ローン(借入)のサイト
AQUSH

AQUSH保証会社不動産担保ローンファンド

オーダ−確認
投資金利4.0%保証付き

今月の出資額

¥27,250,626

出資総額

¥232,753,052

今すぐこのファンドに出資する
万円を3年間運用した場合、
運用先表面金利税引後利回り
AQUSH保証ローンファンド *2 2.50% 155,491
個人向け国債(3年固定)第78回債 *3 0.05% 4,500
大手銀行定期預金(3年) *4 0.03% 1,434
投資家の出資金
27250626.00
今月の募集額 *1
募集金額達成率
%
///////////////////////////////

今月のローン内訳*1

地域 申込金額 借入ステータス

*1 募集金額は今月お申込みいただいたローンの合計となります。各お申込みは予告なしに変更またはキャンセルされる場合がございます。
*2 運用利回りは、元金均等払い方式により返済された場合。他の返済方法の場合には、表示する運用利回りが変動することがございます。
*3 個人向け国債(3年固定)第78回債個人向け国債(基準金利0.08%、適用金利0.05%、2016年12月15日)の場合 税引き後利回りは、財務省hp「個人向け国債購入シミュレーション結果」より
*4 税引後利回りは、MONEY Kit hp 「円定期計算シミュレーション結果」より

ファンドコンセプト

事業資金への融資には複雑な手続きが伴います。また融資金利も事業者にとって必ずしもリーズナブルではない場合が多くあります。その理由は、資金調達の複雑な仕組みに課題があるためです。AQUSHは、ソーシャルレンディングに保証会社による保証と、保証会社が設定する不動産担保を組み合わせることにより、事業資金を必要とする中小の事業会社にリーズナブルな金利で事業融資を行う仕組みを実現いたしました。

一方、事業資金提供者である投資家には、不動産担保と保証会社による保証を組み合わせることにより、リスクが大きいと敬遠されることの多い事業資金融資を対象として、ローリスク&ミドルリターンが期待できる投資商品の提供を実現いたしました。

保証会社は、首都圏に強力な地盤を持つ東証1部上場の「株式会社アサックス」、東証2部上場のJトラスト株式会社のグループ会社「株式会社日本保証」です。AQUSHは、この保証会社2社との強力なパートナーシップにより、投資家の皆様の大切な資金を全国の事業資金需要者に融資してまいります。

あなたの大切な金融資産の運用先にソーシャルレンディングをお考えください。AQUSHがそのお手伝いをいたします。AQUSH保証会社不動産担保ローンファンドでソーシャルレンディングへの投資を始めてみませんか?

ハイライト

Point01 投資金利4.0%(投資利回り年率2.5%)、元利毎月分配型。

当ファンドは、投資金利4.0%(年率)、投資利回り2.5%(年率、税引き前,営業者報酬控除後)、運用期間は原則36か月、出資元金の返済と配当が投資家の皆様に毎月分配される予定です。AQUSH保証会社不動産担保ローンファンドは、3年物の定期預金や個人向け国債などより有利な投資利回りとなっています。

Point02 保証会社との保証契約による安心の仕組み。

AQUSHは保証会社と保証契約を締結しています。借り手からの返済が万一滞った場合、代位弁済が受けられる仕組みを実現しました。投資家の皆様の大切な資産を守り育てて行きたい。そのため、AQUSHは保証会社との強力なパートナーシップを結んでいます。

Point03全国の中小企業を応援します。

(1) 全国どこでも不動産への担保設定を条件に、ご利用いただけます。
(2) 資金の使途は問わず、金利を低く抑えることができます。
(3) 低金利だから中小の事業会社にも利用しやすい。
AQUSHを通して、投資家の皆様の資金が日本全国の中小事業会社の活力となっていきます。

仕組み

借り手はAQUSHに融資の申込をします。AQUSHによる審査と保証会社による不動産担保評価と保証会社による抵当権の設定を経て、融資を実行いたします。融資実行後、借り手からの返済が滞った場合、AQUSHは、保証会社から元本と利息、及び90日を上限とする遅延損害金の代位弁済を受けることになります。

Point01 投資家の資金はAQUSHを通して中小企業に融資

融資期間は原則36ヵ月。毎月の返済方法は、定額返済をはじめ、元利均等返済やバルーン返済など、借り手のビジネス環境により、柔軟に対応して行きます。融資の際には、保証会社との保証委託契約、不動産担保設定(抵当権者は保証会社)が条件となります。

Point02 AQUSHおよび保証会社の融資審査と担保不動産の評価

AQUSHと保証会社による審査と同時に、保証会社による担保不動産の鑑定評価を行います。不動産の評価は、首都圏で強力な地盤をもつ株式会社アサックス、全国に多様なネットワークをもつ株式会社日本保証により、適切な鑑定評価が行われます。この鑑定評価により、保証範囲と融資金額が決定いたします。

Point03 返済が滞った場合にも出資金が守られる仕組みを整備

融資の審査は詳細に慎重に行っていますが、経済状況等の変化により、借り手の事業展開が計画通りに進捗しない事もあります。AQUSHでは、借り手からの返済が滞った場合に備えて、保証会社との保証委託契約の締結を融資の条件にしています。したがってAQUSHでは借り手の返済が滞っても、元本、利息、遅延損害金の代位弁済を保証会社から受けることができます。信用力の高い保証会社との保証提携により、投資家の皆様の大切な資金を守る仕組みを整備いたしました。

詳しい説明はこちらをご覧ください »

今すぐこのファンドに出資する

AQUSHでは、お客様の個人情報を守るため、常に高いセキュリティレベルを維持・向上させるための対策を行っております。セキュリティ対策では、暗号化技術における事実上の世界標準である128bitSSLやフィッシング詐欺への対策としてEV SSLサーバー証明書を導入しています。

  • 日本貸金業協会
  • プライバシーマーク